はじめまして!5人子育て中ママのみみりんです。 普通のサラリーマンの夫とせっせと働いて教育費を貯めて?!(貯めようと思ってもたまらないのですが・・)いる今日この頃です。どれくらい、教育費は必要なのか、できればお助けいただける制度はないのかいろいろ調べたこと、体験したことをまとめてみます。 今までの記事は、 教育費いくらかかる? http://mimirin.chu.jp/kyouikuhi/index.html にまとめています。今後はこのブログは更新状況など伝えていきたいと思います。

2010年12月17日

内祝いでかかる費用

■ 内祝いとは?

現在では、出産祝いをいただいた方・そのほかのお祝いのお返しに、表書きは【内祝い】とし、赤ちゃんの名前をつけてお礼の品物を贈ります。

名前には、皆さんから読んでいたがけるようにふりがなをつけるといいでしょう。

お礼の目安はもらったものの半額〜3分の1程度といわれています。

できれば、お宮参り前後、遅くても2ヶ月以内に贈るのがマナーです。

みみりんは親戚には、半返しでギフト券(実母の薦めで・・)

友人には、紅茶セット・クッキーを贈りました。

詳しくは
みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門〜内祝いについてで紹介してます。

内祝いにかかる費用  

平均12848円
最高700000円
最低 1000円

参考)プレモ

うちわけ4人目

(出産祝いでいただいたもの)
親戚より

1万円×10人=10万円
2万円×2人=4万円
兄より5万円×1人=5万円
両親より8万円ずつ16万円

友人より
洋服・おむつ・花など×18人(5000円ぐらい〜1000円)

頂き物で35万円プラスα

(お返し)
親戚に5千円の商品券×10人=5万円
1万円×2人=2万円

525円クッキー×6人
1050円クッキー×5人
1575円紅茶セット×4人
2100円ハンカチセット×3人

で、お返し合計 91000円になりました。

実際、親戚からはお金をいただくことが多く、結局その内から、内祝いを支出しました。

両親・兄へはお言葉に甘えてお返しなしです。

親戚でも1人目のほうが洋服など物が多く、4人目になると『お金のほうがいいよね〜』となってきました。

逆に、ママ友が増える分人数は増えました。

正直、本当はお祝いは全部、その子用に貯金したかったんですけどね〜

あらかじめお金は準備しておきましょう。




黒ハート人気ブログランキングへ





タグ:内祝い
posted by みみりん at 15:49| Comment(0) | 赤ちゃん時代にかかる費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初誕生にかかる費用

■ 初誕生とは?
赤ちゃんの1歳のお誕生をお祝いする日。
昔は死亡率も高かったため、初誕生を盛大にお祝いしたそうです。

地方によっては、誕生もちをついて背負わしたり、踏ませたりする習慣が残っています。

その後、鰤などの出世魚の祝い膳を囲みます。

詳しくは
みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門=赤ちゃんのお祝い事-初誕生 とは?をご覧ください。

実際考えておきたい費用は
・食事代

・内祝い

・記念撮影

みみりんの家では
おばあちゃんに、「誕生もち」をいただき、子供に背負わしました。

この地方では、昔から、健康で力持ちの子どもに育つよう願いをこめて一升のもち米で「誕生もち」をつき背負わせて歩かせるというのがあるそうです。

地方によっていろいろあるんですね。

ほかには、ケーキを作り盛大に?!お祝いをしました。

特にお祝いはいただいていないので内祝いの必要もなく、長男のみ記念撮影をして終了でした。

なので、1万円ぐらいでした。

当時は安く記念撮影しようという余裕がなかったので高かったかもしれません。

別の日に写真館で記念撮影をしました。






黒ハート人気ブログランキングへ







posted by みみりん at 15:43| Comment(0) | 赤ちゃん時代にかかる費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初節句にかかる費用

■ 初節句とは?

赤ちゃんが始めて迎える節句のこと。

男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の桃の節句をお祝いします。

ただし、節句の時期が誕生の近くであれば翌年に変更します。

初節句の場合は通常よりも早めに1ヶ月前ぐらいから、雛人形・5月人形を飾り、翌日には片付けましょう。

お祝いをいただいたら家に招き、お祝いします。

桃の節句では一般的に、はまぐりのお吸い物と散らし寿司

端午の節句ではお赤飯やちまきでお祝いします。

詳しくは、みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門に紹介してます。

こられなかった人には、お菓子を贈ります。

実際考えておきたい費用は
・人形代・防虫剤

・食事代

・内祝い

・記念撮影

みみりんは実家に、それぞれ雛人形・5月人形を買ってもらいました。

シンプルなものを選んだほうが後々楽です。最初はいいけど、だんだん面倒に?!なってしまいます。

家族だけで手作りのお祝いをしましたので、またまた材料費のみの出費です。

あと、片付けるときの防虫剤を買ったぐらいです。記念撮影をされるともっと高くなりますね。

2000円ぐらいでしょうか?自分で人形を購入される場合は高くなりますね。





黒ハート人気ブログランキングへ





posted by みみりん at 15:36| Comment(0) | 赤ちゃん時代にかかる費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。